足型を整える必要性があるのでしょうか?今回はインソールと足型についてのお話です。

足底のアーチ構造を整えるインソール

人間は2本の足で立ち、歩きます。
そのため体を支える根底である足型が崩れていると、他でバランスを取るために逆に骨格のバランス全体が崩れてしまいます。
足型のズレが歩くたび体全身に影響し、他のズレを深めます。

足底のアーチ構造が骨格の歪みにつながる

「体の歪み」で主に話題になるのは「骨盤、腹筋・背筋部、肩甲骨」ですが、これらも足型を整えない限り、正しい骨格には戻りません。
骨格を矯正するには、まず足型から整える必要があったのです。
足の裏は本来アーチ状で衝撃吸収を始め多くの役割も持ちますが、歩く量が減った現在では足本来のもつ能力が消え、骨格を乱す大きな原因になっています。

足底のアーチ構造をインソールで矯正する

足型を整えるにはトレーニングも必要ですが、歩くたびに使用するために非常に矯正が難しい状態です。
ところがインソールの使用により簡単に矯正できます。
まずは正しい状態を作ることから始め、全身の骨格を矯正し、維持するためのトレーニングをしましょう。