【11月22日】グループC アルゼンチンvsサウジアラビア

アルゼンチンと言えば世界ナンバーワンプレーヤとして名高いメッシ。
南米のアルゼンチンは組織的なサッカーが優先される現在でも個人技の印象が強く、世界ランキングは高いがそんな印象が薄い。
つまりメッシの存在だけで世界ランキングが3位になっているのではないかと言うのがビリーの結論。
世界ランキングは3位。

アジアではボールのポゼッションを優利にできるサウジアラビア。
アジアの予選ではポゼッションサッカーを繰り広げ、まるでヨーロッパのようなサッカーを繰り広げていた。
サウジアラビアは世界ランキング51位。

今回アルゼンチンという格上相手にどこまで自分たちのサッカーができるだろうか。

番狂わせを真剣に起こそうとしたアルゼンチンの超攻撃的なディフェンス

まず序盤で違和感があった。
メッシは2列目ではなくセンターFWのトップとして配置されていた。
右図にもあるように、誰もがメッシがトップ下に配置されるものだと思っていた。

しかし最も驚かされたのはアルゼンチンではなく、サウジアラビアのディフェンスラインが異様に高い。

アルゼンチンはメッシだけが強烈なFWではなく、何人も世界的プレーヤが居る。

別の記事でカテナチオとゾーンプレスと書いたが、サウジアラビアはさらにオフサイドトラップを組み合わせた。
恐らく格上相手に勝つためにはイチかバチかの掛けに出たのだろう。

先取点はディフェンスラインを突破されたのではなく、ペナルティエリア内でのファールだった。

アルゼンチンの先制後2点目も決めたように思われたが、VARがしっかりと機能し、オフサイドラインから腕だけが出ていた判定。

本来の実力差は歴然のはず

アルゼンチンとサウジアラビアの実力差であれば5点取られてもおかしくないほどの実力差はあると思うが、進化版カテナチオとオフサイドトラップ、そしてVARの機械判定が見事に合致している。

確かにサウジアラビアがアルゼンチンに番狂わせを起こすためには、これだけのリスクを負う必要があるだろう。

アルゼンチンは想像以上に健闘をするサウジアラビアに驚きを隠せなかったに違いない。
アルゼンチンからすれば、恐らくサウジアラビアのボールのポゼッションは体感で想像の2倍以上だっただろう。

前半サウジアラビアのシュートはほぼ無し

サウジアラビアは中央付近でプレスを掛け続け、シュートは打てないものの1失点で耐え続けてきた。
攻める手段もなく、ボールの保持すらままならない状態だった。

ボールをつなげることができないためにカウンターすら狙うまでに至らないのだ。

後半サウジアラビアはどこまで食い下がる事ができるだろうか

後半が始まってもサウジアラビアのディフェンスラインは下がらない。
押し込まれても下がらないどころかフィールド中央でなんとか潰しあい、カウンター攻撃を虎視眈々と狙い続けていた。
その結果後半3分ぐらいに中央からスルーパスを受けながら抜け、見事格上相手にゴールを決めてみせた。

サウジアラビアのディフェンスは、サイドよりも中央でアルゼンチンをゴチャつかせている典型的なカテナチオのディフェンス。

そこにVARを信用したオフサイドトラップを組み合わせることで中央から短いカウンターを成立させている。
そこで高い位置からボールを奪い、見事立て続けに逆転となる2点目を決めてみせた。

FWではなくMFとしてのメッシ

サウジアラビアが2点目を決めてから、ようやくアルゼンチンの目が覚めたのだろうか、それとも無理をしているのだろうか。
ようやくサウジアラビアのペナルティエリア付近に押し込むことができるようになる。
それもメッシがFWとしてではなく、MFとして下がり目の位置からゲームメイクをしだしてから。

メッシは2008年頃だっただろうか。
あまりの過密日程かつ走行距離の過多により、一時期具合を悪くしていた事があった。

現在はその影響で、一試合で一人の選手の平均走行距離が10~12kmと言われる中、7km前後だそうだ。

もしかしたら中盤では動き続ける必要があるため、走行距離を減らしたセンターFWとしているのかもしれない。

アルゼンチンの猛攻を耐え続けるサウジアラビア

サウジアラビアはメッシがMFになると途端に押し込まれるようになる。
アルゼンチンはメッシを得点源としてトップに配置したのだが、アルゼンチンの改良型カテナチオにオフサイドトラップを加えたディフェンスの前に、FWのメッシは完全に封じ込まれてしまったのだ。

このディフェンスはメッシ潰しと言っても過言ではないのかもしれない。

突如として変わるゲーム模様

そこでメッシは自ら中盤に下がり、ゲームメイク役になった。
その途端、前半までは見られなかった長いスルーパスが通るようになり、アルゼンチンがシュートまでつながるようになったのだ。

しかしメッシの走る距離は長くなり、負担は増えることになっただろう。

アルゼンチンのメッシの年齢や走行距離、緒戦であること、今後の過密日程を考えて体力を残したいことと、全てのちぐはぐ感を見るとワールドカップの緒戦がいかに難しいか思い出したような気がする。

アルゼンチンの中心は間違いなくメッシではあるのだが、実際は想像以上に体調が落ちているのかもしれない。

サウジアラビアはどこまで食い下がるか想像していたが、まさか本当に2-1で勝利。

ものすごい戦術と掛けにより大番狂わせを演じたのだった。

もしかしたらこの試合はカタール大会のベストゲームになるかもしれない。

 

実はこのディフェンス戦術、ビリーが描いていたディフェンス方法だった。

思い付いていたのは2002年の日韓ワールドカップ前なのだが、20年後の今VARが採用されるぐらいなので、当時にVARがあるわけがない。

サウジアラビア最大のディフェンスはVARだったと言っても過言ではないだろう。