プロのコンパニオンさんたちは食事だけで体を管理している人が多いので、栄養管理さえ出来ればエクササイズは不要かもしれません。しかしコンパニオンさんもボディデザインにエクササイズを加えれば食事だけの管理よりも健康的で、更に良くなる可能性があります。

筋トレメニューの選択方法

この講座では脂肪の燃焼を促進するために筋肉量を増やし、その筋肉を下地により魅力的になるボディデザインを行います。ここで一般的な筋トレの実践方法を習得するために、最初の筋トレのメニューを選択します。本格的に動作を習得する場合の細かい理論は動画内の文字と動画概要欄の補足をご覧いただきます。

目的別の目標設定と開始の目安

いまいち自分のレベルが分からない方用にメニューの目安を作成しました。ご自身が常に少しキツイと感じるレベルのメニューを選択し、ほぼ出来るようになったら強度を上げましょう。
以下のカテゴリー③~⑤へのリンクになります。
【補足】>Youtubeで筋トレの実践

  1. 体力の向上
    最低限の筋トレから始め、徐々に全身のメニューを増やしましょう。
    目標は②Body Makeと同様です。
    【開始目安】>③コアTr.優先の低強度Tr.
  2. ボディデザイン
    綺麗な姿勢の維持には筋力が必要になるためボディデザインに筋トレは重要であり、ボディデザインに効率的に構成してあります。
    ダイエットを含めたスタイルの改善目的の方は用意した自重Tr.のメニューがほぼ全てできるように目標を設定します。
    体を動かすことが好きな人は3へ進みましょう。
    【開始目安】>④レベル別実践方法(2部位(上半身と下半身))
  3. 部活・サークルアスリート
    年齢にもよりますが、スポーツTr.目的の方は負荷を徐々に上げていきましょう。
    TM・RSの組み方が分かったら動画として紹介しているエクササイズだけではなく、補強トレーニングとして自分に合ったマシンやダンベルトレーニングを加えたメニューを組みましょう。
    【開始目安】>⑤3部位(胸と腹筋と背筋、下半身、肩と腕)+セット数で調整