皆さんはダイエットと言われて何を思い浮かべますか?有酸素運動や食事制限だけでの成功率は高くはないでしょう。これら二つもしくはどちらかのダイエットは想像以上に過酷で、続けている最中は余計にお腹が減り、止めた途端に急激に太ることもあります。短期間でやめた人は逆に太る結果にもなりかねません。

失敗するダイエットとは

またきつければ効果がでると思いこみ、ただ闇雲に走り続けたり…と効果が薄くキツイことばかりを繰り返します。効果が出ないと、はやりの『ながら運動』といってスマホを片手にゆっくり散歩…と、これらでは痩せようがありません。

プログラムを効果的にするために

皆さんが行っている筋トレや有酸素運動、栄養管理などをより効果的にするためには何が必要でしょうか。

答えは単純で、多くのコツを取り入れれば良いのです。
筋トレや有酸素運動には多くのコツが有り、体にも多くの特性があります。
それらコツや特性を有効活用し、要点を絞ることでプログラムに優先順位を付けます。

またボディデザインという明確な目標を掲げ、数値で体調を管理することで曖昧な不安を取り除くことが出来ます。

同じことの繰り返し

私の働いていた環境では、多くの人にいつも同じことを繰り返し話します。
「ただ痩せたいので炭水化物を減らし、ジムに有酸素運動をしに来ました」といった方や、「ただひたすら体を追い込み怪我寸前のトレーニング(以下、Tr.)をし続けている方」などを何度も拝見しています。
ダイエットでもボディデザインでも体の特性を知らなければTr.効果は出にくいため、「エクササイズは量を減らした方が効果的になることすらある」と言った正しい方法をお伝えしたいのですが、混んでいると出来ないことばかりで多くのジレンマとともに働いていました。

講座作成のきっかけ

そんな折にとある講座サイトからお誘い頂いたのをヒントに、当講座を開設させて頂く運びとなりました。
もちろん実際にお会いしないとお伝えしにくいことも多くありますが、講座内容は開始期に知らないと時間ばかりが無駄になってしまう必要なことばかりです。
これらコツを体系的に並べ、順序よく学習できるようにまとめました。