Youtubeのチャンネル登録とトレーニングメニューのダウンロード

スポンサードリンク


 いざ「筋力トレーニング(以下、筋トレ)をしようと思っても、どうしたら良いか分からない。」そんな人のために簡単なメニューと実践動画を作成しました。(「おや?」と思うところは現在作成途中です。)

Youtubeを見ながら筋トレ

当サイトでYoutubeのチャンネルを作成しましたので、まずは登録してください。
Youtube「スポーツトレーニング研究室」チャンネル登録ボタン。↓

 

このチャンネルの再生リストを使い、筋トレを行います。

Youtubeの『スポーツトレーニング研究室』はこちら↓

再生リストとトレーニング日の設定

再生リストには、
 <Tr.①>室内用-ダイナミック・ストレッチ
 <Tr.②>屋外用-ダイナミック・ストレッチ
 <Tr.③-Ⅰ>室内用-下半身のTr.
 <Tr.③-Ⅱ>体幹上部+中部(体軸)のTr.
 <Tr.③-Ⅲ>体幹上部+上肢(腕)のTr.
 <Tr.④>室内用-スタティックストレッチ
を用意しました。

<Tr.②>は部活選手や余裕のある方のみで結構です。Tr.をする中で、最終的には実行できるようになることが目標です。
<Tr.③-Ⅲ>以外はほぼ自重トレーニング(Tr.)で構成されているので、健康体である方ならば誰でも実践可能なメニューです。これらを組み合わせて1週間の筋トレプログラムを作成します。

※再生リスト内の動画は入れ替えることがございます。
 再生リスト単位でご覧いただけると助かります。

Tr.のお品書きをダウンロードする

 Tr.メニューの内容を作成しましたので、ダウンロード方法は画像からどうぞ。

作成未完了の動画がいくつもありますが、現段階で充分に効果を確認できましたので公開する運びとなりました。

これでも実践が厳しいという方のためにメニューの変更方法を載せていますので、そちらを御覧ください。

PCからダウンロード↓

スマートフォンからダウンロード↓


「サブコンテンツ」を押すとメニューが開きますので、ダウンロードしてください。

スポンサードリンク


サブコンテンツ

Youtubeチャンネル

スポーツトレーニング研究室
チャンネル登録はこちらから!

記録用紙とYoutube関連

トレーニングの記録を付けよう!*
 右クリックから「名前をつけてリンク先を保存」をクリック!

  1. ・TCD記録用紙
  2. ・TCD記録用紙-追加用
  3. ・トレーニングメニュー-フリー
  4. Youtubeのエクササイズ動画
  5. ・<Tr.①&②>
  6. ・<Tr.③Ⅰ~Ⅲ>

トレーニングメニューの作成

 フィジカルトレーニングメニューではなく、完全に筋トレだけのメニューの作成方法。年齢や目的に応じた作成方法が詳細に書かれており、後半の80ページ以上がエクササイズの紹介と正しい姿勢の解説。チーム単位でメニューを作成する場合は必読の一冊。

コンディショニングの本

当サイト管理人のビリー・トランクスが書いた本です。
ダイエットだけではなく、スポーツや体調管理など幅広く役立ちます。

参加ランキング

スポンサードリンク

このページの先頭へ