②加圧トレーニングの所見と注意

スポンサードリンク


 加圧トレーニングは特許期限が切れ、一気に一般的に広まりました。しかし加圧トレーニングの実践は、加える圧力が適切でないと気を失い転倒する危険を伴うため、無知な状態で行うのは非常に危険です。

加圧トレーニングの資格

トレーナー付きトレーニング.jpg 加圧インストラクター、加圧スペシャルインストラクターは私企業である「KAATSU JAPAN 株式会社」が独自に発行している民間資格で、トレーナー講習の受講を必要としている。

一方、資格がない素人でも自ら加圧トレーニングができる商品もKAATSU JAPANは販売している。

これは民間資格であり特許期限が切れた現在では、インストラクターの資格などなしに誰でも指導すること可能です。

加圧トレーニングは結構危険

トレーニング中に転倒.jpg 加圧トレーニングの実施は必ず加圧トレーナー同伴のもとで行うことが原則と言われ、誤った方法で行うと「気を失い転倒する」ことが多々あります

四肢の血流を制限するため本来の循環ではなくなり、筋肉だけではなく脳も酸欠状態になるようです。

また締め付ける強さが強すぎたり、時間が長すぎると血栓(血管内にできるカサブタのようなもの)ができて危険なのです。

加圧トレーニングの所見

 前半の記述とは少し異なり、かつて加圧トレーニングの実施は権利と言いかなり厳しいものでした。

加圧トレーニングに関するサイトなどを作成しちょっとでも曖昧だったり間違っていると注意や警告が来たという話も聞きました。

丁度ブログが流行り出すかどうかの頃の話なので、間違った情報がかなり多かったのでしょう。

最近は聞かないな?と思っていたら、今知ったのですが「2013年11月22日に特許期限が切れた」そうです。

勿論特許権などに関しては厳しくて当然なのですが、どうやら注意や警告などが来る理由は加圧トレーニングをやってみると分かるそうです。

スポンサードリンク


サブコンテンツ

コンディショニングの本

当サイト管理人のビリー・トランクスが書いた本です。
ダイエットだけではなく、スポーツや体調管理など幅広く役立ちます。

参加ランキング

Youtubeチャンネル

スポーツトレーニング研究室
チャンネル登録はこちらから!

スポンサードリンク

このページの先頭へ