フィジカルトレーニングの名前について

スポンサードリンク


 トレーニングを研究していると、定義が曖昧であったり名前により勘違いされているものが多くあります。

体幹トレーニングは勘違いされた典型的な例で、本来はスタビライゼーショントレーニングと言います。

トレーニングの命名法

 トレーニング名には規則性があり、大きく分けて三つ(①筋トレの方法名、②筋トレの部位名、③トレーニングの目的名)あります。

この三つを区別しないと、体幹トレーニングの様に間違って広がります。

当研究室では、この三つを基準にトレーニングを分類しています。

①筋力トレーニングの方法名

 「スロートレーニング」の様におもりを持ち上げる速度を変える方法や、「加圧トレーニング」の様に血流を減らした状態で行うことでトレーニング効果を高める方法などがあります。

これらは方法名のために、マシンTr.や自重Tr.といった筋トレで組み合わせることができ、筋トレを効果的にすることが出来ます。

②筋力トレーニングの部位名

 筋トレはアウターマッスルやインナーマッスルにかかわらず、主に部位別でトレーニング名が決まります。

例えば、肩甲骨周りのトレーニング、腹筋、背筋、大殿筋などです。

筋肉の種類に知識のある人は全て「筋肉名+トレーニング」になるので、素人が聞いても良くわかりません。

③トレーニングの目的名

 筋肉や身体的に特性を身につける目的で付いたトレーニング名です。

良く分かっていない人が定義したり、商業目的で焦って本にしたために混ざってトレーニングを紹介したりされてますが、実際に多くのトレーニングが重複します。

例えばアジリティートレーニングですが、スピードを生み出すものは最大筋量の為に、筋トレもアジリティートレーニングに含まれるのです。

 この様にトレーニング名は様々な部分が重なっているために間違われたり、意味不明なものが存在しますが、これら三つで判別すればわかりやすいと思います。

スポンサードリンク


サブコンテンツ

コンディショニングの本

当サイト管理人のビリー・トランクスが書いた本です。
ダイエットだけではなく、スポーツや体調管理など幅広く役立ちます。

参加ランキング

Youtubeチャンネル

スポーツトレーニング研究室
チャンネル登録はこちらから!

スポンサードリンク

このページの先頭へ