スロートレーニングとは、自分が完全にコントロール出来る重量を非常にゆっくりとしたスピードで上下させる事で、負傷を最小限に防ぐことを目的としたトレーニング方法のこと。

スロートレーニングのメリット

ムキムキBody.jpg

 素早く動作させるクイックリフトは、筋肉と骨をつないでいる腱や靭帯に大きな負荷が掛かり、ダメージが蓄積する危険性があります。

しかしスロートレーニングではゆっくりと行うため、反動などが極めて少ない状態になります。

その為負荷を純粋に筋肉へ伝達することができ、腱と靭帯へのダメージを減らすことができます。

シーズン中でも筋力アップ!?

 1日に使用できるエネルギー(炭水化物)は決まっているため、シーズン中の筋力アップが難しく考えられていました。

しかし1日に行う筋トレの部位を5つに分け、スロートレーニングにすることでエネルギーを節約することが出来るのです。

さらにスロートレーニングはゆっくりと行う為に時間が掛かると思われがちですが、合計のセットやレップ数を減らすために時間も掛かりません。

この様にスロートレーニングにすることで技術練習後にも筋トレを行うことができます。

スロートレーニングの方法

スロートレーニング.jpg 筋トレは一般的にクイックリフト(片道1~3秒で持ち上げて、また1~3秒を掛けて下ろす方法)で行われますが、スロートレーニングの基本は70秒セットと呼ばれる方法です。

70秒間で7~10回(7~10秒/1回)挙げるスピードで行います。

これは反動を使ったり、姿勢を崩さずに完全にコントロール出来る重量でしか行えません。

スロートレーニングと筋幻惑法

 一般的な筋トレでも筋肉へ入れる刺激を常に変化させるため、持ち挙げ方を変える筋幻惑法が用いられます。

マーク・アサノビッチ氏のスロートレーニングでは、筋幻惑法を様々なセットとして組み合わせてオーバーロード・プロトコルとして発展させました。

オーバーロード・プロトコルは、常に筋繊維が力を使い果たす(オールアウト)ように設計されています。

スロートレーニングの隠された効果

 加圧トレーニングほどではありませんが、スロートレーニングにより血流が遅くなると、成長ホルモンが増える効果が得られるようです。