①体幹トレーニングとは

スポンサードリンク


 体幹トレーニングとは、体幹部にあるインナーマッスルやアウターマッスルを鍛える部位別の筋力トレーニングのこと。

正確には体幹筋のトレーニングといい、体の安定化やバランス感覚の向上を目的としたスタビライゼーショントレーニングとよく勘違いされます。

体幹ってどこのこと?

 体幹トレーニングはスポーツ界では有名でしたが、世間一般へはインテル・長友佑都選手が広めた印象があります。

さて、この体幹とはどこのことでしょうか?

体幹と体肢.jpg 体幹とは読んで字のごとく、頭部・首と手足を除いた胴体部分のこと。

あまり知られていませんが、体幹と対になる手足のことを体肢(腕;上肢、脚;下肢)と言います。

バランスを取るのに重要な腕の動きに関わる「広背筋」、姿勢の美しさや背中を反らすときに必要な「背筋」、体を支える大切な役割がある「大腿筋」、体を曲げるとき力を込めるときに使う「腹筋」などの筋肉も体幹です。

また筋肉だけでなく、当然ながら背骨や肋骨、肩甲骨などの骨も体幹に含まれます。

体幹筋(体幹の筋肉)とは

体幹トレーニングの分類・イメージ図.jpg 体幹筋とは、体幹に属する筋肉を総称したもの

内蔵を支える機能とともに運動時のバランスをとるため、骨格筋を随意で動かす際は最初に動かす筋肉となる。

この筋肉が弱ると運動が不安定になる。

体幹筋は前体幹筋(例;大胸筋、腹筋(腹直筋、腹横筋、腹斜筋))と後体幹筋(僧帽筋、広背筋、脊柱起立筋)などに分けられる。

スポンサードリンク


サブコンテンツ

コンディショニングの本

当サイト管理人のビリー・トランクスが書いた本です。
ダイエットだけではなく、スポーツや体調管理など幅広く役立ちます。

参加ランキング

Youtubeチャンネル

スポーツトレーニング研究室
チャンネル登録はこちらから!

スポンサードリンク

このページの先頭へ