⑦競技別コーディネーショントレーニング

スポンサードリンク


 筋力トレーニングも連動性を考えながらを行うことで、競技者にとって一番身近なコーディネーショントレーニングになります。

筋力トレーニングにも連動性がカギ

 一般的な筋トレは部位別で行い筋力を上げるものですが、筋力バランスが乱れると筋肉間で力の受け渡しが乱れるためにコーディネーション(4.連結能力)が落ちます。

そのためマシンや部位別での筋トレだけではなく、複数の筋肉や全身で行うトレーニングを積極的に行いましょう。

コーディネーションと動作の最適化

 動作の最適化とは、競技におけるフォームを含めた「自分の動作(鏡や動画を撮影)」と「最適な動作(見本)」を比較し、間を埋める作業のこと。

ラジオ体操やダンスなどのエクササイズで自分の体の動かし方を意識し、コーディネーション能力を高めたことで、この作業がとても簡単になります。

 また細かい動作の最適化とは、競技におけるフォームだけではなく、自分の体の動作1つずつを確認する作業のことです。

多くの動作に共通する、歩き方、走り方と言った姿勢を見直すことから始めると非常に効果的です。

※「動作の最適化」とは、ビリーの造語なのでこのHP以外で言っても通じません。

競技別のコーディネーショントレーニング

 専門競技から離れたコーディネーショントレーニングも、専門競技で能力を発揮するため。

高めた自身の能力を活かすためには最後に専門競技でのトレーニングが必要不可欠です。

親子でコーディネーショントレーニング(運動)
 親子で遊ぶ様な年齢の低い層にオススメ。

色々な動作をしながら遊ぶことで運動神経が向上します。

専門競技に偏るのではなく、多くのことを経験したほうが運動能力は高まります。

 ・親子編 [DVD] PART1
 ・親子編 [DVD] PART2
バスケットボール・サッカー
 スラムダンク世代としては外せない競技バスケットボール。

直にボールをコントロールしながら体を動かし続けるバスケット・サッカーは、コーディネーショントレーニングそのもの。

その競技の動きを洗練することで飛躍的に運動能力が高まります。

手で動かすバスケット、足で動かすサッカーそれぞれのトレーニングがあります。

 ・ミニバスケットボール [DVD]
 ・バスケットボール [本+DVD]
 ・サッカー専用トレーニング
テニス・野球
 テニスラケットで離れた空間上にあるボールを打つことは「5.識別能力」であり、コーディネーション能力を高めておく必要があります。

残念ながら野球は専門書がありませんでしたが、バットという長い棒を振り回すということは、「見るのではなく感じろ」ということかもしれません。

 ・テニス専用トレーニング [DVD]
 ・FXライトセーバー
 ・コーディネーショントレーニング全般

スポンサードリンク


サブコンテンツ

コンディショニングの本

当サイト管理人のビリー・トランクスが書いた本です。
ダイエットだけではなく、スポーツや体調管理など幅広く役立ちます。

参加ランキング

Youtubeチャンネル

スポーツトレーニング研究室
チャンネル登録はこちらから!

スポンサードリンク

このページの先頭へ