②神経系のトレーニングとは

スポンサードリンク


 神経系のトレーニングとは、脳からの命令に反応する速さである反応能力を向上させるトレーニングのことで、ゴールデン・エイジに発達しやすい能力です。

神経系のトレーニングとは

コーディネーショントレーニング, ゴールデンエイジ, 野球, Golden_age.jpg 神経系はゴールデンエイジ(10~12歳前後)にほぼ100%が身体的に形成され、様々な刺激を受ける事で発達します。

筋肉の発達と同様に単一的な刺激ではマンネリ化し、発達するために有効な刺激になりません。

神経系の発達に有効な刺激とは、競技練習だけではなく様々な遊びが特に良いとされます。

神経系の発達は、いかに「ゴールデンエイジで様々なことを経験するか」で決まると言われるぐらいです。

 最近では加圧トレーニングでも発達する事がわかり、リハビリやアンチエイジングの分野で現在も研究が進んでいます。

 神経系は筋力トレーニング(以下、筋トレ)による刺激でも発達し、「神経系のトレーニング」で調べても筋トレの情報が出る(2013.11.16現在)ぐらいです。

筋トレと神経系の発達

Coordination_training(soccer).jpg, コーディネーショントレーニング, サッカー, ゴールデンエイジ 人は経験が異なるためそれぞれですが、ある一定期間(1~3週間)の筋トレを続けると、まず神経系が発達します

普段使われない筋肉は神経があまり発達しておらず、脳からの信号が細かく伝わりません。

筋トレの刺激により神経が発達すると伝達する情報量が増え、細かい動きが可能になります。

また神経が発達することで筋肉の使用率が高まり出力が高まりますが、まだ筋肥大までは起こりません。

次に筋肉が発達

 筋トレを続けると筋繊維が細かいダメージ(刺激)を受け、ようやく筋肉繊維の発達が起こります。

筋肉が発達する段階で適切な筋トレを行うことで、ようやく筋肥大が起こるようになります。

 この様にすべての命令は神経系を通して出されるため、体を動かし始めるとまずは神経系から発達することが分かります。

スポンサードリンク


サブコンテンツ

コンディショニングの本

当サイト管理人のビリー・トランクスが書いた本です。
ダイエットだけではなく、スポーツや体調管理など幅広く役立ちます。

参加ランキング

Youtubeチャンネル

スポーツトレーニング研究室
チャンネル登録はこちらから!

スポンサードリンク

このページの先頭へ