高齢者のトレーニング注意事項(その②)

スポンサードリンク


 高齢者の方を見ていた時に、皆さん口を揃えて言うことがありました。

誤った知識

「ストレッチは力いっぱい。


これには驚きました。

マシントレーニング前にストレッチをするのは当然ですが、皆さん筋肉がブルブル震えるまで全身全霊を掛けて引き伸ばすのです。

余りに驚き焦って止めたのですが、理由を聞いてなんとも言えない驚きを覚えました。

昔学校で習った。

先生が絶対的な存在だった。

引っ張って伸びないわけが無い。

軍隊で習った。

等などです。

30秒の持続がポイント

ストレッチングのポイントは、「痛・気持ち良い状態」を30~40秒(出来れば50秒)保持してください。

各部30秒以下では余り効果が発揮されません。

詳しくは「ゴルジ腱器官」と「筋紡錘」という単語で検索してください。

またストレッチにはリラックス効果があり、「痛・気持ち良い程度」を守れば体内時計を整えることもあります。

日本人は臀部のストレッチを知らない人が多いのもまた事実です。

スポンサードリンク


サブコンテンツ

コンディショニングの本

当サイト管理人のビリー・トランクスが書いた本です。
ダイエットだけではなく、スポーツや体調管理など幅広く役立ちます。

参加ランキング

Youtubeチャンネル

スポーツトレーニング研究室
チャンネル登録はこちらから!

スポンサードリンク

このページの先頭へ