③コーディネーションの発達には年齢制限が?

スポンサードリンク


 肉体的組織として神経系はゴールデンエイジでほぼ100%形成されますが、7つあるコーディネーション(運動能力)はトレーニングにより向上します。

神経系の形成時期

 ゴールデンエイジ(大体10~12才)までにほぼ100%の神経系が形成されるため、その後はどのようなトレーニングでも神経系の再形成などは起こらないとされています。

しかし組織的な形成はされなくても、大人になって未経験のスポーツで「コツが分かった」という感覚があります。

コーディネーションは神経系の能力が大きく依存する「3.反応能力」だけではないため、大人でもトレーニングすれば間違いなく(使い切れていない分)伸びます。

神経が新たに形成されなくても運動能力は伸びるということです。

成長中の神経系に刺激を与える

 ただしゴールデンエイジでは神経系が成長している際中なので、神経系のトレーニングにより刺激を与えると飛躍的に能力が向上されやすいことは証明されています。

個人的には外で色々な遊びをしていれば身につくと思いますが、加えて専門的なコーディネーショントレーニングもしてみたかったと思います。

神経系は成長しないのか

 前半では「ゴールデンエイジ後には神経系の再形成などは起こらない」と書きましたが、本当でしょうか。

筋力トレーニング(筋トレ)
 一般的に筋トレを始めるとまずは神経系から刺激され発達し、続いて筋肉が強くなろうと発達します。

加圧トレーニング
 加圧トレーニングでは神経系の発達は顕著に見られるらしく、2016年1月12日現在でもリハビリの分野で大きく貢献しているそうです。

 多数の本でも神経系が刺激されることにより発達すると書かれているため、もしや医学的に異なる神経ということでしょうか。

医学をかじったこともないので、そこら辺はさっぱり分かりませんでした。

2016/1/12 編集・追記
2017/6*15 編集・追記

スポンサードリンク


サブコンテンツ

コンディショニングの本

当サイト管理人のビリー・トランクスが書いた本です。
ダイエットだけではなく、スポーツや体調管理など幅広く役立ちます。

参加ランキング

Youtubeチャンネル

スポーツトレーニング研究室
チャンネル登録はこちらから!

スポンサードリンク

このページの先頭へ