Docomo、au、SoftBankといったどでかい会社でスマホを契約している人は大抵月7000円前後を払っていると思いますが、今回は「今現在の契約で『違約金を払ってでも解約した方がお得』になる方法」を紹介します。契約はシリーズを一読してから。

スマートホンのススメ

電話番号を他社から継続して使うMNPにも対応し、いくつかの契約方法があります。
また通話機能を付けても格安なので、学生やお子さんなどにピッタリ。
現在の契約を解約をしたくない人は、番号なしのネット専用機にも出来て2台目としても充分活躍できます。
ビリーは最初安定性を確認するために1台目はそのまま通話専用機に、2台目はGalaxy Note3をネット専用機として契約しました。
安定動作したのでMNPでNote3をメイン機にし、1台目は解約。

★こんな人にオススメ★

  1. スマホを使用中か、これから試しに使ってみたい。
    1台目をガラケー(普通の携帯)、2台目をスマホにしても良い。
  2. 電話は自分から掛けず、受け専門。
    「通話を携帯電話、インターネットをスマホ」の2台持ちでも月額3000円程度になります。
  3. 学生など格安で使いたい人。
  4. ただし注意が必要
    ・Docomoで言えばDocomoショップの利用、Docomo純正のアプリ…といった各社純正のサービスが受けられなくなる。
    ・キャリアメール(@docomo、@softbank等)が使えなくなる。

契約方法

契約し使用するまでは2段階

  1. スマホを用意。
    Amazon、ヤフオク、楽天などでドコモの機種を用意。
    Docomoの機種がある人は購入不要。
    (自宅の無線ルーターと通信すれば、SIMカード無しで試用も運用も可能。
    最近のおすすめはASUS。
  2. OCNのSIMカードをAmazonで購入して契約。
    契約の方法は、新規かMNPの二択あります。
    番号をそのまま継続されたい方はMNPになります。

これだけです。
ネット専用だと最低約月額2000円以下と格段に安くなります。
契約する回線はドコモのSIMカードなので、機種はDocomoの機種を使うと動作が安心です。

OCN モバイル ONE(マイクロ、ナノ、標準)

オススメのSimカードは、①、②のどちら。
まずはどちらかを契約します。

  1. 音声通話+LTEデータ通信 月額1,600円(税抜)~
    新規契約とMNPに対応し、購入するとSIMカードが付属するのではなく、契約する方法ととシリアルナンバーが書かれた書類が届きます。
    料金は通信量によりことなり、リンク先で確認することが出来ます。
  2. 【050 plus(IP電話対応)】 月額1,050円(税抜)~
    電話番号は付属せず、オンライン電話(IPフォン)が契約できる契約です。
    料金は通信量によりことなり、リンク先で確認することが出来ます。
  3. Simカードの大きさを変換(通称、下駄)
    スマホを変える際にあると便利な下駄。
    ただしスマホにより取り外しに難があるので、使用には注意が必要。
    この商品は任意でも購入。