糖尿病になる前に軽い運動と食事制限により、血糖値の上昇を避けて回避しましょう。

一度なると完治できないため、一生のつきあいを覚悟せねばならない生活習慣病です。

 糖尿病の予防に重要なのは食事制限と運動ですが、不安な場合はまず専門医に食生活の相談をしてみましょう。

食事制限で血糖値を下げる

 「糖尿病の食事」は過食やまとめ食いを控え、受容体の働きをよくすることでインスリンが効率的に使われるようにします。

 ①バランス良く、きっちりと一日三食食べる。

 ②空腹状態で急激に食事をすると、
  満腹感が来る前に必要以上を詰め込んでしまうため、
  意識してゆっくりよく噛んで食べる。

 ③炭水化物などは後回しにして、サラダや海藻類・きのこ、
  食物繊維などの血糖値が上がらない順番で食べる。

 食物繊維を多く摂取する人は摂取しない人に比べて体重が増えにくく、また糖尿病の発症率も3割程度低いことが米国の研究で明らかになっています。

運動で血糖値を下げる

 運動では特に大きい筋肉を使うと効果的で、体の中で最大の筋肉は大腿筋です。

大腿筋を使う最も簡単な運動はウォーキング、室内で大腿筋を使う運動といえば踏み台昇降です。

まずは無理して早く歩こうとするのではなく、気軽に気持ちよく歩ける程度に始めましょう。

最終的には1日の摂取カロリーの10~15%を消費できれば充分と考えられます。

 また、最終的には健康的に動ける様にTCDをオススメします…
TCDはバランスの良い食事(食事制限)と適切な運動と方法を知るには充分過ぎる内容です。

根本から体づくりが出来るので、糖尿病の予防にもなるはずです。