結婚式を迎える女性がダイエットをする話はよく聞きます。

しかし、とある英国の女性は11週間で20キロの減量に成功したものの、突然帰らぬ人となりました。

結婚式に向けてダイエットを決心

 この女性サマンサ・クロウさん(34歳)は、「太った花嫁」になりたくないと体重110kgから、英国で人気の「ライターライフダイエット」を始めました。

ライターライフダイエットとは

LighterLife社ホームページ.jpg このダイエットは、ライターライフ社で毎週開かれるグループミーティングに参加し、その人に合ったダイエット方針を決め、スープやシェイク、スナックバーを計画通りに食べるという方法です。

同社は「過去12年間で15万人が、効果的に安全に痩せる手助けをした。

早くて簡単、安全で持続可能なダイエット」と宣伝しています。

栄養管理の指導方法

 栄養が計算された低カロリーの食品を食べるだけというこのダイエット。

 ①BMIが25~30の人は、
  「従来の食事と1日3つの食事パックを食べる」
 ②BMIが30以上の人は、
  「1日4つの食事パックのみを食べる」
と指導しています。

食べるものの組み合わせにもよるが、4つの食事パックで得られる摂取カロリーは、同社のウェブサイトによると「約500キロカロリー、平均530キロカロリー」と説明されており、カロリーを抑えて早く体重を落とすという、原理はシンプルなものだ。

2度目の死亡事故?

 クロウさんの体型は身長が約175センチ、体重は約110キロ。

BMI指数は37だったと伝えられ、ライターライフ社の指導通り、1日4つの食事パックのみを摂取していました。

ダイエットは11週間に渡って続けられ、110キロあった体重は約20キロダウン、BMI指数も32まで下がったという。

しかし、昨年6月、自宅にいたクロウさんは突然不整脈を起こして倒れ、一緒に住んでいた婚約者に発見されたが、そのまま帰らぬ人となってしまった。

ダイエット中に2回医師の診察も受けていたというクロウさんでしたが、以前にも「ライターライフダイエット」を行っていた女性が亡くなった例から、今回メディアの注目を集める事態になりました。

明かされた「簡単、安全」の真実

 デイリー・メール紙によると2006年1月、このダイエットに取り組んでいた25歳の女性は、半年で約63キロの減量をした後、やはり不整脈でこの世を去りました。

また2008年12月、「ライターライフダイエット」に取り組んでいた40歳の女性が、指導に従って2時間で4リットルの水を飲んだところ、脳の腫れを引き起こして亡くなった事故が明るみになりました。

病理学者のアルフレッド・ウォーカー博士は「死に至った原因は不明」としながらも、「低カロリーダイエットと体重減少は関係しているかもしれない」(デイリー・テレグラフ紙より)と、「ライターライフダイエット」との因果関係に含みを残しました。

偏った方法ではなく、バランスが大切

 食べる量を減らし、カロリーを抑えるのはダイエットの基本ですが、偏った方法での急激なダイエットは大変危険な行為です。

どんなダイエット方法でも、適度な運動を取り入れ、健康を考えながらじっくり痩せる方法を心がけましょう。