2011年現在、世界の糖尿病患者が3億人を突破したことが11月14日に国際糖尿病連合(IDF、本部・ブリュッセル)の調査で判明しました。

糖尿病患者数は中国が世界第一位

糖尿病.jpg 国別では初めて中国が1位となり、アジアでの患者数の増加が目立ち、2030年には5億5200万人に達する見込み。

 推計によると2011年の患者数は3億6600万人。

前回(10年時点)の2億8460万人に比べ約30%増え、患者の急増に歯止めがきかないことが浮き彫りに。

国別では2位だった中国が9000万人に達し、インドを抜いて1位に。

今回の日本は6位の1070万人で、前回調査時の8位より悪化。

日本でも糖尿病患者は増加中

バランスの良い食事.jpg 2030年時点では、中国(1億2970万人)、インド(1億120万人)、米国(2960万人)が上位を占めると予想されます。

日本では一見すると増えているようには思えませんが、人口の減少が影響し10位以内に入っていません。

糖尿病の合併症により死者は増加の傾向

 地域別では、中国や日本を含む西太平洋地区での増加が顕著で、糖尿病の合併症による死者が11年の同地区の総死者数の15%を占めています。

同地区議長の清野(せいの)裕・関西電力病院長は「安価でカロリーの高い食べ物が広がり、途上国で急増しています。

バランスの良い食事や運動の大切さを伝えることが必要だ」と話します。