コンディショニングと各四大要素(姿勢、フィジカルトレーニング、栄養摂取、休養)は表裏一体で、各要素にコンディショニングが含まれるイメージです。

①姿勢とコンディショニングの関係

 姿勢とコンディショニングの関係は「骨格のメンテナンス」と言えば簡単にイメージできると思います。
競技練習を重ねると筋力バランスが崩れ、自然体の姿勢も維持できなくなります。
筋力バランスが乱れているところに加え、脚を組んだり片足立ちしたりすると骨格は更に歪みます。
筋力バランスや骨格の歪みのコンディショニングで、常に最高の状態を維持しましょう。

新たに加えたトレーニング要素「姿勢」

「そもそも姿勢の改善全てがコンディショニングの一部では?」と考えましたが、実際は「競技特有の姿勢」もあるので全部とは言わないことにしました。
姿勢が変わると筋肉の長さ(張り)が一時的に変わるため、スポーツパフォーマンスにとってはとても重要です。

体のメンテナンス

コンディショニングの一部として骨格のメンテナンスがある。
骨格(関節)のコンディションは、ストレッチや整体体操で治せる。

②フィジカルトレーニングとコンディショニングの関係

フィジカルトレーニングには筋トレだけではなくアジリティートレーニングも含まれています。
フィジカルトレーニングをし過ぎないようにトレーニング量を管理、調整し、疲労の度合いや怪我の予防までがフィジカルトレーニングのコンディショニングです。
競技練習により常に疲労を抱えている人がいますが、それはただのオーバーワーク。
最長でも一週間単位で完全に疲労から回復する必要があります。

筋トレは怪我の元にもなる

筋トレで例えれば、オーバーワーク(ただのやりすぎ)により筋肉痛が抜けきらない様な状態を作ってしまうことです。
よく言われる指標は「一週間経っても次の筋トレができない場合は全治一週間」です。
ベテランでもやり過ぎて筋トレ日から4日経って5日目には回復し、6日目で超回復、7日目の一週間後には次の筋トレでなければなりません。

トレーニングのコンディショニング

適量のトレーニングを守り、しっかりと予定の元に実行しよう。
疲労の具合を想定し、疲れを貯めないような体調管理を覚えよう。