「名門に入っても練習はスタメンに限られるため、結局経歴に箔が付くだけだ」と一部で話題になっていました。こんなはずじゃなかったと入ってから思う部活選手にもおすすめしたいこのボディデザイン講座。

指導者の居ない部活やサークルアスリートにもおすすめ

講座本編でパーソナルトレーニングの様に正しい知識を身に着けてもらえればと思います。

スマホでパーソナルトレーニング

既に公開しているエクササイズ動画では●●を入れやすい姿勢に重点をおき、より効果的になる説明を追加しました。

動画は順次作り変えながらが目標ですが、一部不足を感じることはあるかと思います。
【補足】>Youtube動画(後述)

競技筋と補佐筋のバランス

若いアスリートほどボディデザインが競技に関係無いと思っていますが、競技で使わない筋肉が競技で使う筋肉を補佐するため、パフォーマンスが向上することになります。
ボディデザインの開始が遅い人ほど、トレーニングの本質を思い知ることになるでしょう。
【補足】>補強トレーニングとは

ボディコンディショニングとして

また多くのアスリートはレベルが上がるまでは体のケアをないがしろにしますが、コンディショニング(体調管理)は競技により崩した筋力バランスを整え怪我の予防にもつながります。
この様に、本来はアスリートにこそボディデザインは必要なのです。
【補足】>誤解された「コンディショニング」

本格的なウェイトトレーニングの予備学習として

当講座の内容は自重Tr.がメインのため、成長期にあるアスリートも実践可能です。
【補足】>ゴールデンエイジとフィジカルトレーニングの関係とは

TM・RSの基礎として

それぞれのトレーニングが効果を正しく発揮する様に組み合わせたものがTM・RS(トレーニングメニュー・ルーティーンセット)であり、当講座は一番最初に行って欲しいTM・RSとして位置づけています。

このTM・RSを取り入れることでトレーニング全体を形式化し、入れ替えるだけで強度を上げることができるます。