後は回収してもらい、布団が帰ってくるのを待つだけの日々。

布団の帰りを待つ

布団がどの程度変わるのかという興味と、どの程度アレルギーに影響をしていたのかというワクワク感でそれだけで楽しめるものでした。
④見るからに膨れ上がっている.JPG『布団がどれだけアレルギーに影響を与えるものなのか。』

実は送り出した布団が帰ってくる前に答えは出ていました。
すでに代わりの布団にした途端、目と鼻のかゆみが引いておりました…
「今までの苦しみは一体…」
やはり悩んだり考え込む前に、行動に移したほうが早いのでしょうか。

常に余計な手間を増やす親

受け取りの際に事前に運送会社から電話連絡があったようでした。
⑤きれいな上にふっかふか.JPG連絡先に携帯電話を指定していたのですが、何故か自宅に電話が。
母親が受けたようですが、何故か値段を聞いたそうです。

「・・・円です。」
母親のこの行動で、滞りなく進んでいたものに暗雲がかかりました。
うちの親はとにかく余計な問題を進んで起こすので面倒くさい。