小さい頃(小学生ぐらいかな?)は、『お日様の匂い』なんて思っていたのですが、今の臭いはそんな幸福感漂うものではない。

洗濯前の布団はドン臭いと言うか、何か重めである。

布団の匂いの原因とは

 「干しても臭いが取れないなぁ…」
 「お日様の臭いってこんなんだっけか?」
と思っていた矢先、ふと頭に出たのは、
 「これは油がこげている臭いでは・・・!?」
そう思った瞬間から布団が油まみれで、サラダオイルを垂らしたかのような物に見え出しました。

 アレルギーというのは普段から薬を飲まないといけないので、常にお金がかかります。

ちょっと前につかまった芸能人よりも薬を服用している可能性もあるわけですwww

洗えるものから洗ってみた

 多少なりとも薬代が減ることを考えれば、布団をクリーニングに出すのは決して損なことではなく、ぐっすりと眠れると思えばより一層良いはず。

 ここではまだ注文していません。

 「注文に出さなくても自分で洗えるんじゃないのか?」
そう思い始めたのですが、家の洗濯機には掛け布団と敷布団は入らない。

 「とりあえず毛布や洗濯機に入るものを洗ってみよう。


ということで洗ってみました。