鼻炎や蓄膿症の人は鼻くそがとにかく出るために、少しでも改善するためにはやはり取るしかないと思うのが本能なのでしょうか。

それとも鼻くそが存在しているのが気持ち悪いと感じるのでしょうか。

鼻をほじる、その前に

 あまりに鼻が詰まるために鼻くそをほじくるのが癖になっている人がいますが、指先は色々なものを触り非常に汚いために鼻腔内の清潔さを保つためには天敵となります。

人は気が付かなくても指で口元や鼻を「そこら中を触った手」でよく触るので、汚い事この上ないのです。

鼻通りが悪い時は点鼻薬などで鼻通りを良くした後に鼻をかみましょう。

あまりに鼻通りが悪い時は湯気が適度に出るお湯をマグカップに入れ、鼻から水蒸気を吸い込みましょう。

(お湯が熱すぎると火傷するので要注意)
鼻通りが良くなった所で鼻をかんだ程度が人の手でできる限界かと思います。

 また耳鼻咽喉科ではない胃腸肛門科の先生も「それぐらいが常識でしょ。

」と言っていたので間違いありません。

男性も爪のお手入れを推奨

 衛生状態を保つためにはまず爪のお手入れをしましょう。

1.爪切り
 普段から爪も短くしておくと良いですよ!
どうせなら自分のために綺麗に切れる爪切りを用意しましょう。

お気に入りの道具を買えば、爪の手入れにも力がはいること間違いなし!
 ビリー推奨・ステンレス製 高級爪切り
指のささくれも切れば指がより綺麗になりますが、爪の甘皮は無理に剥がすものではありません。

特に爪根本の甘皮は、汚れの侵入防止なので重要な存在です。

剥がれている部分だけを爪切りで爪同様に切る程度に留めましょう。

2.爪ブラシ
 安くて問題ないので爪を磨くブラシを購入しましょう。

爪ブラシを使うと衛生的にだけではなく、見た目も非常に綺麗になります。

女性だけではなく、男性にも非常にお勧めです。

 ビリー推奨・ネイルブラシ
 裏のブラシでは爪と指の間も洗えます。

爪ブラシを使うと爪用のヤスリで磨くほどではなくても綺麗に見えるので、衛生的にも見た目的にも綺麗になります。

お風呂に爪ブラシを置いて、体のついでにボディソープで爪も洗ってます。

不要な甘皮もこのブラシで数回洗うと綺麗に落ちます。

自然に落ちる程度に留め、無理に取ろうとするのはくれぐれも控えましょう。

3.爪表面磨き
 マニキュアを塗らなくても表面の凹凸を無くせば充分綺麗になります。

年齢を重ねると爪は縦に筋が入るようになり、弱冠見た目が悪くなります。

男性がここまでする必要があるかは分かりませんが、綺麗に保てば気分も良くなります。

①爪が厚い人専用の爪表面磨き
  ビリー推奨・スポンジバッファー 100/180G
②爪が薄い人専用の爪表面磨き
  ビリー推奨・スポンジバッファー 220/280G
お洒落は手元から!