脳梗塞で倒れたイビチャ・オシム氏に代わり、代表監督に就任したのが岡田武史氏だった。岡田武史氏は「日本人の特色・特性」を日本人なりに目指したのだ。

特色を活かす戦術

 個人のフィジカル(身体的能力)では劣る日本人が世界と肩を並べるには戦術が必要である。

体は小さいが、器用さと俊敏性を合わせれば狭い場所でもボールを回せる。

つまり、日本人はスペイン代表やバルセロナのように「ポゼッション(ボール保持率を上げる)・サッカー」に適正がある(出来る可能性がある)と考えたのだ。

デフェンス面では「個で勝てなければ、一人に対して二人以上でディフェンスするなど人数を掛ける。」これも中長距離が得意なアジア人が、走る距離を増やした立派な戦術だ。

スローガンとして「接近・展開・ 連続」を掲げて挑戦が始まったのだ。

グアルディオラ政権・バルセロナのポゼッションサッカー

 現代でポゼッションサッカーと言えばバルセロナだ。 グアルディオラ監督の時代は、メッシ以外の浮き球によるパス(ロングパス)の禁止を徹底し、中盤だろうと前線だろうと、確実なチャンスを作れるまではパスを回し続けたのだ。  ヨーロッパでもバルセロナは比較的小柄な選手が多く、メッシ、イニエスタ、シャビなど活躍する選手は日本人と体型が似ている。(でも、当然ながら顔は似ても似つかないほど濃い。特にシャビ。) それが理由となり、イビチャ・オシム氏の特性・特色に、岡田武史氏はポゼッションを加えようとしたのだった。

ポゼッション・サッカーと誤算

 ポゼッション・サッカーには必要な要素が幾つかある。

正確なパスと正確なトラップ、これらは誰でも見れば分かるだろうが、実は日本人が知らないもう一つの要素がポジショニング(どのタイミングでどこにいるかと言った、位置取り)だ。 このポジショニングは「日本人プロなら誰でもできるのでは?」と思う人も居ただろう。(思った奴は手を挙げろ!こん畜生!!)

 ポジショニングには団体でコンパクトに行う方法と、個人で入れ替わる流動的な方法がある。

バルセロナのポゼッション・サッカーでは2つを組み合わせて行うのだが、日本人は後者の流動的な動きが出来ていない。

いや、現在でも知られていないのだ。

某絶叫系解説者を始め、解説では「流動的な動きをしながら…」とは言っているが、正しい方法を日本人は出来ていない。